ピンクゼリーを使ってどうだった?

ピンクゼリーの他にも種類がある - ピンクゼリーを使ってどうだった?

ピンクゼリーを使ってどうだった?
ピンクゼリーを使ってどうだった? > ピンクゼリーの他にも種類がある

ピンクゼリーの他にも種類がある

男親は女の子を女親は男の子を欲しがると言われていますが、最近では女の子が欲しいというお母さんも多くなっているようです。
その背景には、男の子の子育ては本当に大変という苦労話を聞かされているからです。
また、女の子ならかわいい服を買ってあげることができる楽しみがあると言った理由もあって、産み分けを検討する方も少なくありません。

その産み分けの方法として注目されているのがピンクゼリーで、産み分け用として産婦人科で処方してくれることもあることから信憑性はありそうです。
ちなみに女の子が欲しい時に使用されるのがピンクゼリーで、男の子が欲しい時にはグリーンゼリーを使用すると言った種類分けがされています。

ただピンクゼリーを使用するにあたっては、保険適用外の製品ということで金額が高い、中国製のため何となく安全面で心配があると言ったことが引っ掛かるという方がいます。
また、通院や使用に関し手間が大変、注射器を使用して膣内に入れるというのが怖いと言った問題点が気になるという方もいるのです。

しかし、先にも触れたように産婦人科で処方してくれるものですから、本来はそうした問題点や不安を感じる必要はありません。
ただ、ピンクゼリー以外にも産み分けゼリーに種類があることも知っておくと役立ちます。
国産の産み分けゼリーで天然成分を使用していることから安全に安心して清潔に利用できる潤滑ゼリーもあるのです。
どちらの種類が良いのかは使用した方の口コミなどを確認してみると良いです。
ただ、生まれてくる赤ちゃんがどちらの性別でも、我が子として愛情と責任をもって必ず生み育てるといった自信がないのなら産み分けに挑戦するべきではありません。