ピンクゼリーを使ってどうだった?

ピンクゼリーを使用してデメリットと感じることは? - ピンクゼリーを使ってどうだった?

ピンクゼリーを使ってどうだった?
ピンクゼリーを使ってどうだった? > デメリットと感じることは?

ピンクゼリーを使用してデメリットと感じることは?

女の子が生まれるために必要なX染色体の精子が卵子と受精する確立が高くなる環境を作るためには、膣内を酸性に保つ必要があります。
その理論を応用して開発されたのがピンクゼリーで、産み分けゼリーとして話題を集めています。
その為に、ピンクゼリーを使用した人の体験談や口コミもたくさんあって、メリットやデメリットについても触れられています。

では具体的にピンクゼリーのデメリットとして、どのようなことがあるのでしょうか?
ピンクゼリーで膣内を酸性に保つためには、行為前に膣の中にピンクゼリーを挿入する必要があります。
その為にどうしても雰囲気が壊れてしまうことがあることがデメリットと感じてしまうことになります。
また、ピンクゼリーを使用するにあたっては、排卵日などを意識してより良いタイミングで使用することが求められているのです。
その為、タイミングなどに気を付けなくてはならないことがデメリットになることもあるのです。

ピンクゼリーを使用したからと言って100%女の子を産み分けることに成功する訳ではありません。
何もしないよりは条件が整って産み分けができる環境がアップするというだけで、失敗してしまう可能性も考えられるのです。
成功率が100%ではないことを知っていても、成功しないことでデメリットと思うケースも少なくないのです。

ピンクゼリーを使用することで母体や赤ちゃんの体に障害が生じるなどの報告は一切ないのですが、製造元が中国ということで安全性に対するデメリットを感じる方もいます。
これは中国製の製品に対する信頼が低下していることも背景にあると言えます。
ただ、繰り返しになりますがピンクゼリーによる副作用など、障害の発生がないことは理解しておく必要はあります。