ピンクゼリーを使ってどうだった?

ピンクゼリーを使用すると妊娠率が低下するのか? - ピンクゼリーを使ってどうだった?

ピンクゼリーを使ってどうだった?
ピンクゼリーを使ってどうだった? > 使用すると妊娠率が低下するのか?

ピンクゼリーを使用すると妊娠率が低下するのか?

産み分けを希望するご夫婦に注目になっているのがピンクゼリーなどの潤滑ゼリーを使用した産み分け方法で、ピンクゼリーなどの潤滑ゼリーを使用することで膣内のPHを調整するのです。
なぜPHを調整することで産み分けができるのかというと、性別はX精子とY精子のどちらと卵子が結合するかで決まるもので、それぞれの精子は酸性に強い、アルカリ性に強いといった特性があるからです。
女の子が生まれるためにはX精子と受精する必要があって、このX精子は膣内が酸性の時に活発な動きをするので、膣内を酸性に保つことで女の子を生む確率が高くなるのです。
こうした特性に注目して開発されたのがピンクゼリーなどの潤滑ゼリーです。

では、実際ピンクゼリーを使用して女の子が生まれる確率はどの程度かというと、あるデータによると80%と言われています。
驚異的な確率と言えますが、ここで注意してほしいことは100%ではないということです。
その為にピンクゼリーを使用した人の体験談や口コミには、成功例と共に失敗例もあるのです。
このように100%の成功率ではないということをしっかりと理解して使用することが大事ですし、何よりも重要なことは生まれてくるわが子は性別に関係なく大切に産み育てることという点です。

それからピンクゼリーを使用した人の体験談や口コミで、ピンクゼリーを使用すると妊娠率が低下すると言った声を稀に聞きます。
でも、ピンクゼリー自体は単に膣内のPHを調整するだけですから、妊娠率に関連してくるとは考えにくいです。
ただ妊娠率が低くなる要因としては、女の子を希望する過度なストレスと排卵日予想がズレてタイミングが合わなかったことが考えられます。
気持ちは分かりますが、長い目で気軽に考えることも大切です。