ピンクゼリーを使ってどうだった?

ピンクゼリー使用したけど男の子だったという体験談 - ピンクゼリーを使ってどうだった?

ピンクゼリーを使ってどうだった?
ピンクゼリーを使ってどうだった? > ピンクゼリー使用したけど男の子

ピンクゼリー使用したけど男の子だったという体験談

女の子を作るにはX精子と呼ばれる精子が受精する必要があって、このX精子が活発になるには膣内が酸性の環境であると良いのです。
このようにX精子が活発になれる酸性の環境を膣内に作ってくれるのがピンクゼリーで、それにより女の子を産みやすくするサポートをしてくれるのです。
このような特徴があるピンクゼリーなので、一人目は男の子だったので二人目は女の子が良いなど、女の子を授かりたいと考えている人に適しています。

このように、女の子を産み分けたいと考えているのならピンクゼリーを使用してみて損はないですが、100%成功するとは限らないのです。
つまり、ピンクゼリーを使用したけど男の子だったという可能性もあるのです。
実は使い方にある程度注意しないと失敗してしまうこともあるようで、その点をピンクゼリー使用で男の子だったという実際の体験談から学んでみるのも良いです。

体験談のひとつには、感じ過ぎて失敗したというのがあります。
女性の体は性行為で感じてしまうとアルカリ性の分泌物を出してしまう仕組みになっているそうで、膣内がアルカリ性になると男の子が生まれやすくなってしまうのです。
そこで膣内を酸性にしてくれるピンクゼリーを使用したのですが、感じ過ぎてしまったのか授かった子供は男の子だったのです。
行為の時に感じないように意識することが成功のポイントかも知れませんがそれは難しいことです。

もう一つの体験談は、排卵日を意識しないで失敗したと言うものです。
最初は全く意識していなかったのですが、ピンクゼリーを使用する際には排卵日をしっかりと確認して意識することが大切だったみたいです。
その為に失敗して男の子だったのですが、排卵日の二日前くらいに使用すると良いと知って成功することができたのです。